シロクマクラブ終わる
2012.03.25 Sunday 12:05
2007年から『アトリエ Tree』として始めたアートクラス。
2010年『造形サークル シロクマクラブ』と改め続けてきましたが、
この3月19日を最後に、終了する事にしました。
今までとっても楽しく、刺激的な時間を、
ほんとうに、ほんとうに、ありがとうございました。




子供クラス最後は『木炭で自画像』


5年生AYちゃん。いつも興味あるもの、大好きなもので満ちている。


4年生AMくん。宇宙に飛び出す。


4年生HTくん。スキーの選手という別の顔を持つ男。


のびのびと落書き。



大人クラスの版画。(栗城作)

お母さんは自分の体調のみならず、ご家族の体調によっても行動が制限される中、頑張って通っていただいて、ありがとうございました。
最後の版画は宿題になってしまいましたが、
物語の『つづく』みたいで楽しみです。

今度は(いつか)もっともっと伸び伸びとしたクラスになった
『アトリエ Tree』でまた会いましょう!



| 栗城みちの. | アートクラス | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ステキな紙バッグ
2012.02.15 Wednesday 16:03
バイトを退社する時にヌトラさんがくれたクラフトハサミ。
スゴイでしょ〜〜全部刃の形が違うんだよ〜〜。




これは是非! 子供たちに使って欲しい!
・・・そんな訳で『ステキな紙バッグ』作ってみましたっ!


A.Aちゃんはバレンタインを考えてきれいなハートバッグ。
色のチョイスは、Aちゃんの明るい性格を物語っています。



A.Kくん。昼と夜のステキなバッグです。
心の大きさが伺えます。



H.Sくんはナント! 図柄が取り外し自由なんです。
発想の自由さに脱帽。
| 栗城みちの. | アートクラス | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
シロクマクラブ☆始動
2011.12.27 Tuesday 09:59
11月からやっと始まった『シロクマクラブ』
絵の具を触りたかった。
でも、描けなかった。
まあるい形の秋の果物。優しい気持ちで描いてみましょうか。

『大人クラス』










次はグリーティングカード。
誰宛かって?
それは自分自身。
自分がもらったら嬉しいカードを作ってみました。












『kids クラス』
誰かを元気にする絵。
・・とは言っても、どんな絵を描いても
みんなきっと元気になるよね。









せっかくクリスマスだし。







みんなの顔を見たら、わたし自身が元気になりました。
長いブランクがあってもみなさん優しくて。。。
この出会いをおろそかにはできないな。って思いました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。


| 栗城みちの. | アートクラス | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
逆版画/大人
2011.02.28 Monday 01:07
今年は寒さが厳しい冬でしたね。
雪もたくさん降ったし、雪片付けもこりごりでした。
でも、毎年の事ですが、
必ず春は来るのですね。
春の喜びと驚きはどうしてこうも新鮮なのでしょう?



あなたの事を考えながら作っています。
毎日が色あせたと感じてるのなら、
私が色を送ります。
鳥のように風に乗って
君の心に、私の感じてる美しい色が届くよう。
鳥は歌う。

目を上げてごらん。
雲は世界を旅しているんだよ。
聞いてみて。地球の気持ちを。



暖かい雨が降るよ。
大きな傘にも小さな葉っぱにも。
どんな場所にも等しく降り注ぐ雨。
地面に吸い込まれ
誰かに元気を与えてる。
その誰かは春と共に蘇り
あなたを優しさで満たす。



| 栗城みちの. | アートクラス | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
逆版画/kids
2011.02.17 Thursday 00:44
型を作って、
その周りに色を塗ると・・・
形が白く残るよね。
さらに足して足して足してみる。



連続したくなる。
どんどん。どんどん。


顔を変えて描いてみる。
うわっ!


見えないかもしれないけど
ハサミの形もあるよ。
今日、一番最後に出来た作品。


ちょっとボーっとしてしまう時間が長いンじゃない?
子供と言えども、やる事が多いと疲れるよね。
疲れた心には大いなる自然の言葉は入って来ない。

次は自然の先生に教わりにいくよ!

| 栗城みちの. | アートクラス | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
初・シロクマクラブ(大人)
2011.01.26 Wednesday 00:27
12月から1月にかけてのお母さんは大忙し。
例年の行事や伝統を子供達に伝える為に。あるいは休日を満喫してもらう為の雰囲気造りに、少々無理しているんです。
今日はそんな忙しい時間の中で固まった心や体をリセットして頂けたら・・・・と、こんな花束を用意しました。
少しのストレッチ。
その間に、今日はどんな描き方を自分はしたいのか。考えて頂く。
どんな風に見えるか。ではなく、
自分を満足させるように描くのです。



I.S子さんの作品。
墨で引いた線が自由な曲線を作って楽しそう。
あっさりとした色づけだけれど、
墨線のよさを壊さず、しかも鮮やかに仕上がりました。
まるで本の挿絵のようです。
完成度の高い作品です。


M.M子さんの作品。
淡いけれど確かな色使いをされています。
彼女は色にひときわ敏感な方。
絵が描きたい気持ちが伝わってくる作品です。
もう少し時間があったら良かったですね。
時間制限のない場所。どなたか知りませんか?



G.T子さんの作品。
原画では、単色の重なりで色を作っておられます。
美しい作品になりました。
特に真ん中の赤とピンクのチューリップは、
他の色と共鳴して光を放っているかのよう。
皆さんに原画をお見せしたいです。



恥ずかしながら私の作品です。
本当は全体を緑にしたかったのですが、このように流れてしまいました。
もっともっと緑をたくさん描きたかった。
ワタシちょっとお疲れ気味かも。




| 栗城みちの. | アートクラス | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ボンド・オーナメント
2010.12.22 Wednesday 00:24
『Kids クラス』

もうすぐクリスマス。
11月頃からすでに気持ちはクリスマスだったので、今月は楽しいオーナメントを造りました。


水性の木工ボンドをギュギュッと
クリアファイルのようなプラスチックの上に
好きな形に出したら、
そこにガラスやビーズなどを埋め込みます。
ボンドを出すのにちょっと苦心した子もいましたね。


ボンドは乾くと固く、半透明になって、埋め込んだガラスが際立ちます。

出来上がりが楽しみです。


子供たちは、小さい作品よりも大きな作品を造りたかった。
本当はね。
でも、がんばって小さなオーナメントを造りました。


「目のきれいな雪だるま」
そんなタイトルがついたオーナメントもありました。




『大人クラス』

大人クラスでもボンドのオーナメントを造りました。
同じ材料ですが、大人と子供の作品の違いが分かりますね?


そして、1人1人こんなに違う作品ができるのは、
見ていて感動です。


サンタクロースを信じるか信じないか。
それは自由ですが、
サンタクロースが来るクリスマスほど
謎に満ちた時はありません。
中には毎年、サンタの指令を受けて、
子供達にメッセージを送り続けている大人がいるとしても
それはとても尊い事だと思います。


イエス=キリストの誕生日
それがクリスマスですが
こんなにも世界中で夢と平和について考えさせてくれる日もありません。



ならば、何かを信じる理由や
条件などを脱ぎ捨てて、
この日を満喫しても良いではないのでしょうか。

アートクラスでは、こんな幸せをたびたび感じます。


| 栗城みちの. | アートクラス | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
子供に還る(?)
2010.10.12 Tuesday 02:23
シロクマクラブ 大人クラス
『子供に還る』  とは。
子供の時間に身を置き
子供になって絵を描いてみること。


子供時代も幸福ばかりではないけれど
少なくとも食べる物の心配はしなくて良かった。
住む場所の心配もなかった。

お母さんが『ごはんですよ』
と言うまでは、お絵描きをしていられた頃があったはず。

ほらほら
心は昔に還っていく。
子供の頃、嬉しかった事や
悲しかった事が絵に現れる。

創造力

みんな持っていたのに
誰が壊してしまったの?

いえいえ
壊れてはいませんよ。
非難を恐れて隠れていただけ
| 栗城みちの. | アートクラス | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
シロクマクラブ Kids
2010.10.02 Saturday 21:52
子供の感性を邪魔しないで、しかも描きたい気持ちにさせるにはどうすれば良いのだろう。
今回の授業は『きく&おどる』
『きく』はもちろん音楽だが、生の演奏が理想。
かつては私がギターを弾いて歌った事もあったけど、
今回はCD。アイリッシュをかけてみました。
『おどる』きっと恥ずかしがるだろうと思って、アップテンポの曲に合わせて腕→足などと少しづつ体を動かしてみる。しゃがんだり立ったりしてみる。回ってみる。リズムに乗ってみる。
(ああ・・・・恥ずかしい・・・・)空気になってしまったので止める。

しかしその後はみんな驚くほど集中して描き始めた。


南の島。 壮大な大地。


大風に揺られるヤシの木。 宇宙の中の月。

色までちゃんと決まっている。
完成したらアフリカの大地のような絵になる。


手が止まらない1時間でした。

| 栗城みちの. | アートクラス | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
心を探る
2010.09.29 Wednesday 01:12
大人のアートクラス
『イメージで描く』2回目



心を落ち着かせ
意識を自分に持ってくる。

『今』 この時の中にある心をのぞくと
そこに何かが きっとあなたを待っている。



今まで気付かなかったのが不思議なほど
次々とイメージが沸き上がる。
それは楽しいものもあるし つらいものもある。



心の中に作った箱には
こんな物が入っていた。

| 栗城みちの. | アートクラス | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/2 pages next→
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Links
Admin
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM