こびとのバス
2020.05.23 Saturday 06:31

「向山こども園」の送迎バス。

 

この状況下なので、

 

バス停で待っている子どもたちに見せるため走っています。

 

6月からは、少しづつ子どもたちを乗せるそうですが、

 

乗れる日を楽しみに待っていてくれるかな・・・。

 

 

 

 

暖かで楽しい園の思い出と一緒に、

 

この絵が心に残ることがあるならば、

 

それは絵を描く身にはこれ以上ない喜びです。

 

 

自分の手を離れたイラストが、

 

こんなふうに活きているのを見られるのも。

 

 

がんばれそう!

 

 

 

 

| 栗城みちの. | イラスト | comments(1) | - | pookmark |
おしごと紹介
2020.05.10 Sunday 09:10

こんなご時世ですが、

 

みなさんは最近、地下鉄に乗りましたか?

 

仙台市の地下鉄南北線12駅のホームに掲示してある、

 

七十七銀行の看板のお仕事をさせていただきました。

 

 

◆旅するシチシカくん

https://www.77bank.co.jp/sitisika_nakama/tabi/index.html

 

(シチシカくんは違いますが)

 

 

シチシカくんが旅している場所を、

 

気分転換に散歩するのはいかがでしょうか。お薦めです。

| 栗城みちの. | イラスト | comments(2) | - | pookmark |
募金活動
2020.03.07 Saturday 19:24

缶バッジ作りました。

 

全12種類。

 


月2回、泉のダイシンで行われている

 

『アニマルピース』の譲渡会場で

 

1個300円で販売いたします。

 

売り上げは全てアニマルピースの活動費用となります。


皆さまのご協力、よろしくお願いいたします。

 

 

ちなみに自分でも60個ほど持ち歩いておりますので、

 

アニマルピースの募金にご協力いただける方は、

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

アニマルピース hp:http://www.anip.biz/ → イベントへ

 

| 栗城みちの. | イラスト | comments(0) | - | pookmark |
森の中に
2020.02.13 Thursday 08:52

過去の仕事ですが、

 

ご縁があった幼稚園のDMに採用されたイラストです。

 

何の制約もなく、自分の心の喜ぶ絵を描かせていただけました。

 

こんな絵を描いて生きていけたら

 

それに勝る幸せはないのだけれど・・・。

 

 

 

樹上の友達

 

 

 

 

お見舞い小人

 

 

 

 

こちらのイラストの一部と小人は、

 

今も幼稚園の送迎バスに採用されています。

 

見かけるとまるで流れ星に出会えたような気持ちに =⭐️

 

きっと良いことありますよ。

 

 

| 栗城みちの. | イラスト | comments(0) | - | pookmark |
謹賀新年
2020.01.01 Wednesday 12:35

新年あけまして

 

おめでとうございます!!

 

 

ネズミのように屈託なく、明るく前向き、

 

そして大きな生き物にチュー意しながも恐れず、

 

豊かな気持ちで前進前進!!

 

がんばりまチュー!

 

 

 

               (キネズミもいるよ)

 

 

| 栗城みちの. | イラスト | comments(0) | - | pookmark |
ノアフィールド ☆ 11・12月
2019.12.13 Friday 19:26

 

うたおう

 

 

来る年を祝福するために、姿をあらわしてくれた、

 

心やさしいともだち。

 

おもてなしは、

 

冬の空にひびく、うつくしい歌声。

 

ともに、よろこびの歌をうたおう。

 

 

(コピー:佐々木ひとみ)

 

 

 

 

神聖な幻の動物『麒麟』。

 

愛のある政治が行われる時に現れるという。

 

果たして今の日本には麒麟が飛ぶだろうか。

 

 

 

自分で育てた作物から穫った種を取っておいて

 

翌年それを育てると罪になる法律を制定しようとしていたり、

 

幼児期に最も大切なミルクに、

 

遺伝子組み換えの原料が使われていたり、

 

気軽に食べているスナック菓子に

 

ある種の危険な残留農薬が検出されたりしています。

 

昔と比べてガンという病気が一般的になってきた。

 

発達障害を持つ子供が多い気がする。

 

もし同じように感じているなら、それには理由があるかも。

 

元農林水産大臣で弁護士の山田正彦さんのブログを

 

読んでみてください。

 

https://ameblo.jp/yamada-masahiko/entry-12536145648.html

 

 

恥ずかしながら私は今まで知らなかったことばかりでした。

 

 

 

この国に、麒麟が飛んで来てくれるようになるには、

 

私たちが本当のことを知り、

 

行動する必要があると感じました。

 

知識が無いことや無関心は、

 

現状に賛同し、加担しているのと同じこと。

 

 

 

ノアフィールド。

 

それはヒトにとっても理想の地。

 

この世界、全てを動かしているのは、

 

経済なんかじゃなく、愛なのだ。

 

| 栗城みちの. | イラスト | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
ノアフィールド ☆ 9・10月
2019.12.02 Monday 08:49

 

でかけよう

 

 

秋の訪れをまちわびて、

 

西の空から駆けおりてきた、凛々しいともだち。

 

おもてなしは、

 

色とりどりに染まった森での野あそび。

 

金色のきのこをさがしに出かけよう。

 

 

(コピー:佐々木ひとみ)

 

 

 

 

白い虎がやってきた。

 

 

明るいキノコの森の中、ネコたちは嬉しさのあまり

 

ニャゴニャゴ言いながらまとわりついて離れない。

 

でも虎は気にする様子もなく、ゆったりゆったり

 

ネコたちに導かれるまま歩いている。

 

そんな姿に憧れて、虎になったつもりで歩くトラがらのネコ。

 

 

キツネのエリマキ、フデリンドウ、

 

子供の頃普通に見られた山の植物。

 

 

| 栗城みちの. | イラスト | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ノアフィールド ☆ 7・8月
2019.11.14 Thursday 09:01

 

おくろう。

 

 

だれも知らない深い深い森の奥から、

 

しずしずとあらわれた、物静かなともだち。

 

おもてなしは、

 

清らかな泉のほとりでのひととき。

 

みんなで編んだ、花かざりを贈ろう。

 

 

(コピー:佐々木ひとみ)

 

 

 

 

 

まだらの牛と白い馬。

 

鳴き声もあげず、森の奥へと群れてやってきた。

 

透明な水がほとばしる滝と、ゆったりと流れる川。

 

 

動物たちの歩く水音がする。

 

 

どこかで鳥が鳴く。

 

 

 

白い馬には1本の白い角。

 

牛からもらった花飾りの、

 

花は少しも枯れることなく、

 

今でも、その馬の首にかかっているそうだ。

 

 

| 栗城みちの. | イラスト | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ノアフィールド ☆ 5・6月
2019.11.08 Friday 10:54

 

かたろう

 

 

風にのり、雲をかきわけ、

 

たくさんの宝ものをたずさえて舞いおりた、

 

古いともだち。おもてなしは、

 

山のてっぺんにある、どうくつでの一夜。

 

石のかがやきを愛でながら、語り明かそう。

 

 

(コピー:佐々木ひとみ)

 

 

 

 

肌身離さず抱えている宝ものは全て、ドラゴンが集めたもの。

 

たとえ小さなコイン1つなくなっても分かるという。

 

なのにその中の1つをあげるとは!!

 

それは本当に、本当に、特別なこと。

 

人間には決して見せることのない感情を、

 

ノアフィールドのブタ氏に感じたのかもしれない。

 

それとも、ノアフィールド産の水晶は特別?

 

 

いずれにしても、人が現れる以前の太古の言葉を話し、

 

人の知らない知識を有するドラゴンの考えることは、

 

私などには到底分かるはずのないことなのである。

 

 

 

| 栗城みちの. | イラスト | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ノアフィールド ☆ 3・4月
2019.11.02 Saturday 12:55

 

はしろう

 

 

はるか遠い空のかなたから、ひずめの音も高らかに、

 

駆けてきた、うつくしいともだち。

 

おもてなしは、

 

うすべに色にそまる、春の景色。

 

花ふぶきの中を、いっしょに走ろう。

 

 

(コピー:佐々木ひとみ)

 

 

 

 

 

 

それはサクラ咲き乱れる春のこと。

 

ウシたちが野原を駆け回る蹄の音に誘われたのか、

 

天から白い馬が舞い降りた。

 

 

翼あるその馬が走ると、花びらが嵐のように渦を巻く!

 

 

体は小さいけど、ぼくたちだって一緒に走りたいんだ。

 

だから絶対背中に乗せてよね。

 

| 栗城みちの. | イラスト | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/11 pages next→
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Links
Admin
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM