ノアフィールド ☆ ウシの贈りもの
2018.09.18 Tuesday 15:27

 

ぴかぴか

 

 

ルビーみたいな房すぐり、

 

サファイアみたいなブルーベリー。

 

木の実・草の実ちりばめて、

 

初夏色のパンに仕立てましょう。

 

好奇心いっぱいのあの子に

 

新しい発見がありますように。

 

 

(コピー:佐々木ひとみ)

 

 

 

 

イヌたちの畑ではジャックと豆の木に出てくるような、

 

巨大な豆が育ちました。

 

でもね、ウシたちは『サヤ』が必要なわけ。

 

サヤをプレゼントする為に育てていたんですよね。

 

 

出来上がった豆は、

 

イヌたちは食べるかどうか私は知らないんです。

 

 

 

 

 

 

 

いつか私も草の実を使ったパンを焼いてみようかな。

 

 

 

| 栗城みちの. | イラスト | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
古代アンデス文明展
2018.08.30 Thursday 10:12

Weekly せんだい 8月30日号『つまみぐい漫歩』は

 

昨年以来、久しぶりの登場となりました。

 

 

現在『仙台市博物館』で開催されている、

 

 

『古代アンデス文明展』 を取材しました。

 

 

 

 

 

 

 

展示物は一言でいうと、「なんかカワイイ」

 

キャラクターっぽいし、ボクトツとした味わいがある。

 

デザイナーもいたと思うのですが、

 

そのセンスに驚かされます。というか驚愕。

 

日本の縄文土器にも通づるものを感じました。

 

勉強になります!

 

 

| 栗城みちの. | イラスト | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
日曜日のバイト
2018.08.24 Friday 13:29

作並のニッカ工場の手前にある、

 

『レコパン・ドゥ・カンパーニュ』は

 

友人が経営するカフェスタイルのレストラン。

 

時々ここで給仕のお手伝いをしている。

 

 

 

レストランで働くなど生まれて始めてのこと・・。

 

しかも5月の連休からいきなり!

 

・・・・もう筆舌につくし難い試練の連続!

 

混乱の心をそのままに冷静を装う新人ウエイトレス。。。

 

 

 

カレーのトッピング用の揚げ野菜

 

 

でもね。

 

料理が美味しい!

 

素材も良い!

 

自信を持ってお薦めできるお店で働くのって、

 

心は全然疲れないし、逆にリフレッシュ!!

 

 

ところで今週から急にFacebook始めました。

 

よければ覗いてみてください。

 

https://www.facebook.com/shirokuma.tree

 

 

| 栗城みちの. | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ノアフィールド ☆ イヌの贈りもの
2018.08.01 Wednesday 10:57

 

ふつふつ

 

 

ほがらかに晴れた青い空、

 

ひらひらと風に舞う花びら。

 

ーーー大きく育て。たくさん実れ。

 

ふかふかの土に種をまけば、

 

食いしん坊なあの子の

 

おいしい笑顔がうかんできます。

 

 

(コピー:佐々木ひとみ)

 

 

 

 

ネコが作っていたマフラーや裂き織りのカゴは

 

イヌたちへの贈りものでした。

 

 

良く晴れた春の日。

 

イヌたちは種まきに余念がありません。

 

南の国から帰って来たツバメも手伝っています。

 

何やら大きな植物も育っていますが、

 

誰かに何かを贈るため、

 

イヌたちは何かを育てているようです。

 

 

 

土があるなら思い切り遊ぶイヌたち!

 

のびのび遊べ! おもうままに穴を掘れ!

 

 

 

 

 

| 栗城みちの. | イラスト | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
パン・この頃
2018.07.21 Saturday 13:18

暑い夏ですね。

 

皆さまお元気でお過ごしですか?

 

暑いと、酵母が予想外な早さでダメになってしまいます。

 

イチゴから起した、あまり酸っぱくない系の酵母ですが、

 

この頃酸味が強く感じられます。

 

少し養生する必要があるみたい。

 

 

 

この頃のカンパーニュ。

 

ライ麦のサワー種を使っています。

 

奥は別の酵母を使った、

 

全粒粉30%入りぶどうパンのミニサイズです。

 

 

| 栗城みちの. | パン屋修行 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ノアフィールド☆ネコの贈りもの
2018.06.25 Monday 08:30

ふわふわ

 

 

 

雪が降りつむ寒い日は、

 

お家にこもって せっせと編み物。

 

おひさま色のストールは、

 

ふんわりあったか陽の匂い。

 

寒がりのあの子に、

 

ひとあし早く春を届けます。

 

 

(コピー:佐々木ひとみ)

 

 

 

 

ネコの編み物ってこんなかな。

 

裂き編みだって得意だろうな・・・。

 

小さかった頃、

 

わたしが過ごしたお正月のイメージで描きました。

 

外が寒ければ寒いほど、

 

雪が降りしきれば降りしきるほど、

 

暖かで幸せな冬の部屋の中。

 

 

今年は各月の頭にワンポイントのおまけ付きです。

 

 

 

 

| 栗城みちの. | イラスト | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
お仕事紹介
2018.06.03 Sunday 11:33

宮城県美術館の創作室って知っていますか?

 

エントランスから右方向へ向かい、

 

レストランを過ぎて突き当たりをもう1度右へ。

 

すると左手に連続してある2つの部屋。

 

それが『創作室』です。

 

 

その創作室を紹介するフライヤーのイラストを、

 

担当させていただきました。

 

 

 

宮城県美術館に常時置いてあります。

 

これを見ていただけると、

 

創作室って意外と気軽に利用できることが

 

分かっていただけると思います。

 

 

本気で創作したい方はもちろん、

 

1人でも、​子供連れでも利用できる場所です。

 

 

 

 

家ではなかなか集中出来ないような時、

 

わたしも行ってみようかな。

 

 

| 栗城みちの. | イラスト | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本日のパン
2018.05.30 Wednesday 10:18

本日はご近所に住んでおられる

 

Nさんからのご注文で雑穀パンと

 

ノアレザン(クルミとレーズン入りパン)を焼きました。

 

雑穀パン

 

 

Nさん宅を訪れると、

 

まるで欧州かどこかの海外のお家のよう。

 

窓辺に置かれたテーブルや、座り心地の良さそうなソファー、

 

さりげなく飾られた人形、ティーカップの数々、

 

壁に飾ってあるのは、

 

どこかの国の地図がプリントされたスカーフ。

 

海外で暮らした時の思い出の品なのだとか。

 

 

ノアレザン

 

雑穀の端切れでミニパンできました。

 

 

町内会で偶然、ご一緒に活動した数年前、

 

母が送ってくれたトウモロコシが縁を結んでくれました。

 

 

彼女の美的センスに敵うものを・・と、

 

いつも刺激される存在です。

 

 

| 栗城みちの. | パン屋修行 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ノアフィールド☆2018カレンダー
2018.05.27 Sunday 08:37

2018年も前半が過ぎようとしていますが、

 

皆さま、ノアフィールドのカレンダー、

 

お楽しみいただいてますか?

 

「もらってないよ!」

 

という方、誠に申し訳ありません。

 

なにぶん部数が限られておりまして・・・・・。

 

 

それで・・・という訳ではございませんが、

 

例年のようにブログ上でご覧ください。

 

本年もよろしくお願いいたします。(- - ; ?

 

 

 

 

表紙です。

 

 

さて、動物たちが相手を想って用意する

 

『贈りもの』とは。

 

そして贈りものをもらった彼らは、

 

そのものをどう使うのでしょうか。

 

これからの展開にご期待ください。

 

 

| 栗城みちの. | イラスト | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
おかえり
2018.05.14 Monday 09:55

青葉が鮮やかなこの季節。

 

ふるさとでは『春』が待っていてくれた。

 

 

 

心を落ち着けて 耳を澄ます。

 

呼吸の数を数えるように。

 

 

静かにしていると聞こえる小さな声。

 

 

 

誰かの声。話し方。めぐる朝夕。悲しい気持ち。

 

街の中に渦巻くたくさんの音階。

 

 

その声は、雑多な日常の向こうに隠れて

 

 聞こえなかった。

 

 

 

 

『おかえり』

 

 

君がそう言ってくれたので、わたしはここに帰って来た。


 

 

もう、帰れないと思っていた。

 

大切なあの場所を失くしてしまったから。

 

わたしを置いて

 

山の奥深く消え去ってしまったと思っていたから。

 

 

 

『おかえり』

 

 

『お帰り』

 

胸の真ん中にわたしを持って帰ります。


 

 

夏になったらまたね。

 

きっと。

 

 

| 栗城みちの. | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/19 pages next→
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Links
Admin
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM