ペットショップへいくまえに
2019.02.27 Wednesday 23:21

毎年この時期、

 

動物愛護団体『アニマルピース』へ様子を見に行きます。

 

以前、取材記事を書かせていただいたご縁で知りました。

 

団体とは言っても、

 

代表の菅原さんがほぼ1人で切り盛りしていて、

 

月2回の譲渡会で数名のボランティアの方が

 

お手伝いしています。

 

 

 

 

今回は譲渡会会場に掲示してあった、

 

『ペットショップへいくまえに』に目が釘付けになりました。

 

これは、ネットから無料でダウンロードできるもので、

 

プリントして冊子にすることもできます。

 

日本でもこのような意識が高まると、

 

命の価値を金額で計るような考えが減るのかな・・・。

 

 

◆ ペットショップへ行く前に

 http://bikke.jp/pet-ikumae/#hajimeni

 

 

| 栗城みちの. | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
おわびと訂正
2019.02.05 Tuesday 20:50

皆さま! 申しわけありません!

 

先日、河北新報の夕刊に連載のご報告をし、

 

明日からのスタートと書きましたが、

 

4月のリニューアルに合わせての掲載なりました!

 

お騒がせして大変申しわけありません〜〜。。。

 

 

 

 

ただ、4月スタートは本当に間違いないようです。

 

 

近くなりましたら、またご報告させていただきます。

 

 

これに懲りず、

 

引き続きよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

| 栗城みちの. | 物語&イラスト | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
奇跡。!かも。
2019.02.01 Friday 21:40

 

奇跡が起こったかもしれない。

 

 

わたしの書いた物語とイラストが、

 

河北新報夕刊に毎週掲載されることになったんです!

 

タイトルは「からす」。

 

2月6日(水)から第一弾がスタートします!

 

6回か、8回になる予定。

 

・・・だ、そうです。

 

水曜日の夕刊を、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

詳細説明:

 

ある時、友人のEB子さんが言った。

 

 

「君の文章と絵を、手に乗せて読みたい」

 

 

真に受けた私は1年後、2冊の冊子を両面コピーで作った。

 

正直、なかなかの出来であった。

 

なので、その冊子をEB子さんに差し上げた他、

 

出版社に送ってみたりしていた。

 

するとそれを見た河北新報社のYNoさんが言った。

 

「この他に、話を持ってますか?」

 

 

私は持っていた。

 

原稿用紙500枚の長編2本。

 

200枚の中編1本。それに短編ちょっと。

 

その中の中編を、50枚程度に縮められたら、

 

そちらももしかしたら掲載可能かも・・・。

 

と言っていただいたのだ!

 

 

物語を世に出すなんて、

 

もうとっくに諦めていたこと。

 

奥の奥にしまい込んで、考えないように生きていた。

 

だけど本当は、物語の中のみんなを知ってもらいたい。

 

私が心から言いたいことは、物語の中にのみあるのだから。

 

だからガンバリます!

 

皆さんに読んでいただける日が来ることを信じて、

 

連載第2弾を4月からスタートしていただけるように!

 

 

春よ来い!

 

 

| 栗城みちの. | 物語&イラスト | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
2019年明けました!
2019.01.07 Monday 12:48

2019年も早7日!

 

遅くなりましたが、

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします!

 

 

 

 

 

 

亥年ですね。

 

この頃毎年のように

 

全国各地でイノシシの被害が報告されますが、

 

先日テレビを観ていたら、

 

イノシシとの共存を果たす村の対策を

 

放映していました。

 

あるんですね!共存できる方法が!!

 

 

そういう世の中になると、

 

イノシシも安心して森を出られます。ね。

 

| 栗城みちの. | イラスト | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ノアフィールド ☆ウシの贈りもの
2018.12.28 Friday 09:16

 

わくわく

 

 

冬支度もあらかたおわり、

 

ぽかんとあいた静かな時間。

 

暮れゆく空を見上げながら、

 

大切なともだちに思いをしたためます。

 

新しい年もどうぞよろしく。

 

たくさんの幸せが訪れますように。

 

 

(コピー:佐々木ひとみ)

 

 

 

 

2018年も、もうすぐ終わりですね。

 

我が家でも、大掃除や年末年始の準備におおわらわ。

 

動物たちも、これからの本格的な冬の準備に忙しい今週でした。

 

それが無事に済んだ年末の夕方。

 

時間が空いたような、静かな時間があったりします。

 

 

誰かが誰かを想いながら、

 

何かを贈る準備をしていますね。

 

 

 

ニワトリが集めた絵の具は、

 

インクやスタンプとなってみんなの元へ。

 

 

紙漉きの名人のウシは、みんなからの注文で、

 

草で漉いたカードを作っています。

 

絵の具をたらした色付きも。

 

スタンプで押された足跡には、

 

どんなメッセージが込められるのでしょうか。

 

 

 

キツネの郵便屋さん、

 

これを届けてくださいな。

 

 

 

 

 

 

実は、

 

カードをもらったネコの家の様子が、

 

今年最初の1・2月の絵柄でした。ふふふ。

 

 

| 栗城みちの. | イラスト | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ノアフィールド ☆ニワトリの贈りもの
2018.11.27 Tuesday 10:41

 

とりどり

 

 

 

とうめいな風が吹き渡ると、

 

 

野山はたちまち錦のよそおい。

 

 

紅葉に銀杏、アケビにリンドウ、

 

 

集めてまぜて、絵の具に仕立てましょう。

 

 

アートが好きなあの子に、

 

 

秋の彩りを届けます。

 

 

 

(コピー:佐々木ひとみ)

 

 

 

 

 

モミジからは3種類くらいの赤をとる。

 

ウルシの赤は別格だ。

 

緑も明るめから深い緑まで、まだまだあるぞ。

 

おい、キキョウはどうした。

 

キキョウの青は特にどっさり集めるんだぞ。

 

 

秋の野山は色の宝庫。

 

色にうるさいニワトリの親方が毎年作る絵の具には、

 

紫水晶が欠かせない。


 

 

わずかに水晶の粉を入れて色を定着させるのだよ。

 

 

化学反応?

 

 

そうそう。

 

 

 

 

 

 

| 栗城みちの. | イラスト | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ノアフィールド ☆ ブタの贈りもの
2018.11.15 Thursday 09:00

きらきら

 

 

涼しげな月明かりの道をゆき、

 

ほたる舞う沢を渡ったら、

 

そこは、かがやく石たちが眠るひみつの洞窟。

 

目利きのあの子が喜びそうな、

 

光の粒を見つけましょう。

 

 

(コピー:佐々木ひとみ)

 

 

 

 

ウシがくれたのパンを手に、

 

探検家のブタが向かったのは、

 

誰も知らない秘密の洞窟。

 

夏の夜にだけ見ることができるヒカリゴケが

 

まるで銀河の星のよう。

 

 

ヒカリゴケの灯りのもとで採取する水晶は

 

誰かの贈り物に。

 

 

 

 

探検家のブタを尊敬し、密かについてまわる子ブタが

 

今回初登場!

 

我々の秘密の会議の中で生まれた子ブタ。

 

好奇心いっぱいだけど、とっても臆病でシャイな彼は、

 

尊敬するブタに話しかけることもできないけれど、

 

いつも遅れることなく後ろに着いてくる。

 

 

子ブタの今後に注目ください。

 

どこかの誰かに似ているかもね。

 

 

 

 

 

 

 

| 栗城みちの. | イラスト | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
秋の植物
2018.10.25 Thursday 09:50

朝・夜・朝・夜。

 

夏・秋・冬・。春・夏・秋。

 

くり返す時々の空気。

 

空には満点の星。

 

くり返される星々のうた。

 

 

ノコンギク

 

 

イヌタデ

 

 

ミゾソバ

 

 

地上では花たちが星のうたを歌っているよ。

 

ずっと空を向き、

 

ずっと空に向かってのびる草、木。

 

 

やっぱりね。

 

 

 

誰だろう?

 

 

ニシキギ

 

 

ノブドウ

 

 

サルナシ

 

 

ミズナラ

 

 

ホウノキの葉

 

 

ホウノキの実

 

 

ヒトツバカエデ

 

 

 

たくさんのうたをありがとう。

 

ばいばい。

 

またね。

 

 

 

| 栗城みちの. | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ノアフィールド ☆ ウシの贈りもの
2018.09.18 Tuesday 15:27

 

ぴかぴか

 

 

ルビーみたいな房すぐり、

 

サファイアみたいなブルーベリー。

 

木の実・草の実ちりばめて、

 

初夏色のパンに仕立てましょう。

 

好奇心いっぱいのあの子に

 

新しい発見がありますように。

 

 

(コピー:佐々木ひとみ)

 

 

 

 

イヌたちの畑ではジャックと豆の木に出てくるような、

 

巨大な豆が育ちました。

 

でもね、ウシたちは『サヤ』が必要なわけ。

 

サヤをプレゼントする為に育てていたんですよね。

 

 

出来上がった豆は、

 

イヌたちは食べるかどうか私は知らないんです。

 

 

 

 

 

 

 

いつか私も草の実を使ったパンを焼いてみようかな。

 

 

 

| 栗城みちの. | イラスト | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
古代アンデス文明展
2018.08.30 Thursday 10:12

Weekly せんだい 8月30日号『つまみぐい漫歩』は

 

昨年以来、久しぶりの登場となりました。

 

 

現在『仙台市博物館』で開催されている、

 

 

『古代アンデス文明展』 を取材しました。

 

 

 

 

 

 

 

展示物は一言でいうと、「なんかカワイイ」

 

キャラクターっぽいし、ボクトツとした味わいがある。

 

デザイナーもいたと思うのですが、

 

そのセンスに驚かされます。というか驚愕。

 

日本の縄文土器にも通づるものを感じました。

 

勉強になります!

 

 

| 栗城みちの. | イラスト | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/20 pages next→
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Links
Admin
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM